【一眼カメラ初心者向け】撮影モード「P」「A」「S」「M」の意味とその使い分けを知ろう!

イイガミタケシ

カメラには撮影モードというものが存在します。

多くのカメラにはカメラ上部に「P」「A」「S」「M」と書かれたダイヤルが存在しますが、それはカメラに対し「こんな撮影モードで撮りたい!」という指示を送るためのものです。

それらの撮影モードには、

  • Pモード:ほぼ全ての設定をカメラにお任せするプログラムオートモード
  • Aモード:絞り操作をカメラマンが行い、それ以外はカメラにお任せする絞り優先オートモード
  • Sモード:シャッタースピード操作をカメラマンが行い、それ以外はカメラにお任せするシャッタースピード優先モード
  • Mモード:ほぼ全ての操作をカメラマンが行うマニュアルモード

という意味があります。

モードダイヤル
Canonのカメラでは「A」は「Av」、「S」は「Tv」と表記されています。

カメラを始めたての方にとっては「どんな時にどのモードを使えばいいの?」と分からないこともあるかと思いますが、仕組みを理解することで「こういう写真が撮りたいからAモード」という風に使い分けが出来るようになります。

撮影モードを理解するためには、カメラの露出が何となく分かっていることが前提となりますので、先に次の記事を読むと理解が深まりやすいかと思います。

Pモード(プログラムオート)

絞り(F値) カメラにおまかせ
シャッタスピード カメラにおまかせ
ISO感度 カメラにおまかせ

PはProgramの略です。

オートの名前の通り、カメラがすべていい感じに適正露出で撮ってくれます。露出補正のみを操作することが出来るので「明るめに撮りたい」「暗めに撮りたい」という指示はすることは出来ます。

非常に便利なモードではあるのですが、撮影者の意図を反映しづらい側面もあります。ある程度知識と経験が身につくと使わなくなるモードであるとも言えます。

Aモード(絞り優先オート)

絞り(F値) あなたが操作
シャッタスピード カメラにおまかせ
ISO感度 カメラにおまかせ

AはAperture(絞り)の略です。

絞り優先の名前の通り、あなたがF値の操作を行うことが出来ます。あとは、適正露出になるように、シャッタースピードとISO感度をカメラが調節してくれます。

F値の数字を小さくして被写体以外をボケさせたり、逆にF値の数字を大きくしてすべてにピントを合わせたりする際に使用します。

F値を小さくしてボカした図
F値を小さくしたことで背景がボケています
F値を大きくしてパンフォーカスにした図
F値を大きくしたことで隅々までピントが合っています

Aモードを使用することで背景ボケをいかした写真が撮りやすくなります。次の記事で解説しているので参考にしてみてください。

Sモード(シャッタースピード優先オート)

絞り(F値) カメラにおまかせ
シャッタースピード あなたが操作
ISO感度 カメラにおまかせ

SはShutter Speedの略です。

絞り優先モードとは逆に、シャッタースピードの操作を行うことが出来ます。適正露出になるように、カメラが絞り値とISO感度を設定してくれます。

シャッターを速く切って被写体の動きを止めたいときや、逆にシャッターを遅く切って被写体を動かしたりする場合に使用します。

長時間露光
ロングシャッターにしたので、車のテールランプの残像が写っています。

Mモード(マニュアルモード)

絞り(F値) あなたが操作
シャッタースピード あなたが操作
ISO感度 あなたが操作

MはManualの略です。

Pモードとは真逆の存在で、F値、シャッタースピード、ISO感度の操作をすべてあなた自身で行います。そのため、露出補正は効きません。「明るくしたい!」「暗くしたい!」と思った場合は自身で露出を合わせる必要があります。

「Pモード」「Aモード」「Sモード」ではカメラが適正露出になるように調節してくれるため、黒つぶれや白飛びした写真はほぼ撮れませんが、「Mモード」では自分で露出を合わせる必要があるため、やや難易度が高いと言えます。

補足
「シャッタースピードは1秒で、絞りはF11くらいにしたい」といったように、どんな風に撮りたいかが明確決まっている場合はMモードを使いましょう。

マニュアルモードでたくさん失敗しよう!

長々と書いてきましたが、文章で理解出来ても実際にやってみないと身につかないものです。

そこで試してもらいたいのが、Mモードで撮影することです。

どれくらいの値で設定すればいいのか分からない初心者のうちは、白飛び黒つぶれ写真になったり、ぶれぶれの写真が撮れてしまうかも知れません。ですが、失敗することで人は学習します。

難しく感じるかも知れませんが、より良い写真を撮るための最初の踏ん張りどころだと思います。この記事を読んだ貴方がより良い写真ライフを送れますように!

イイガミタケシ

harenohiの運営者。平日は会社員として働く1991年生まれです。フィルムカメラがメインで、デジタルはFUJIFILMのカメラを愛用中。

イイガミタケシの書いた記事