富士フイルムの黒白フィルム「ネオパン100 ACROS II」が復活、2019年秋より販売開始

イイガミタケシ

フィルムユーザーに朗報です。富士フイルムの黒白フィルム「ACROS」の再販が決定しました。

再販の理由は、ファンの声と製造プロセスの見直し

富士フイルムは2018年秋に「黒白フィルムの需要の減少と、生産に欠かせない原材料が入手困難」であることを原因に、モノクロフィルムとして唯一販売されていたACROS 100を販売終了しました。

しかし1年経った2019年の秋に「ACROS Ⅱ」と名前を変え復活。再販する理由としては、

フィルム愛好家をはじめフィルム独特の風合いによる写真を好むSNS世代の若年層の方を中心に、当社の黒白フィルムの販売継続を望む声が多く寄せられたことを受け、あらゆる角度から販売再開に向けた検討してきた

入手困難になった原材料の代替品の研究や新たな原材料に合わせた製造プロセスの抜本的な見直しにより、このたび、黒白フィルム「アクロスII」の開発に成功しました。

としています。

今回復活するACROS Ⅱの特徴は以下の通り。

  1. 当社独自の「Super Fine-Σ粒子技術」を採用することにより、感度ISO100の黒白フィルムとして世界最高水準の粒状性を実現。
  2. 当社従来品「ネオパン100 ACROS」に比べハイライト部の階調をメリハリのある設計とし、立体的な階調再現が可能。
  3. 世界最高水準のシャープネスにより、被写体の輪郭を強調した描写が可能。

ACROS Ⅱは135フィルムと120フィルムの2種類は提供されます。

ACROSの作例

最後に、2018年の秋に販売終了したACROS100の作例をご紹介。

ACROS作例
しゅんさんぽより提供
ACROS作例
しゅんさんぽより提供
ACROS作例
しゅんさんぽより提供

デジタルカメラの普及に伴い、一部のマニアのアイテムになってしまった写真用フィルム。今後も値上げや生産中止が相次ぎそうですが、今回のように復活するフィルムもあります。

フィルム写真を愛するものとしては、フィルム写真の文化を後世に繋ぐためにも、少しでも多く現行フィルムを購入しメーカーを応援していきたいですね。

イイガミタケシ

harenohiの運営者。平日は会社員として働く1991年生まれです。フィルムカメラがメインで、デジタルはFUJIFILMのカメラを愛用中。

イイガミタケシの書いた記事