副都心 × スナップ | 夜の新宿を歩いてみよう

もの

皆さんは新宿というと何を想像しますか?

様々な私鉄が乗り入れる新宿は、2016年にバスタ新宿がオープンしてからは今まで以上に全国各地から多くの人が行き交う場所になりました。

ところで「夜の新宿って怖そう…」というのは、一昔前のお話。最近では外国人観光客も増え、夜でも随分と歩きやすくなりました。

今回は気軽に楽しめる、新宿で夜スナップが撮れる場所をご紹介します。

新宿思い出横丁

新宿駅西口の北側に位置する思い出横丁。通りの左右に赤ちょうちんがぶら下がっており、どこか懐かしさを感じられる街角です。

ちょうど七夕の時期に訪れたので、笹の葉と七夕も飾られていました。

仕事前・仕事終わり・観光客など様々な人が行き交います。

歌舞伎町

お次は言わずと知れた歌舞伎町。右に左に多くの電飾がある光景は、さながらニューヨークのタイムズスクエアのようです。

って事で、歌舞伎町は「東京のタイムズスクエアでいいのでは?」と思ったらなんと新宿駅南口に先を越されていました

少し離れたところには映画によく出てくる新宿バッティングセンターがあります。

今ではLEDの台頭でなかなか見ることの無くなったネオン電飾です。写真左側のバッティングセンターという照明の「ティン」だけが切れているのもまた趣深い。昔はパチンコ屋さんの電飾が切れているのとかよく見かけたものですけどね…。

夜に撮影する際のポイント!

最近のカメラは夜景モードなどが搭載されているため簡単に夜の撮影が楽しめるようになりました。

ワンランク上の楽しみ方をするには「F値の低いレンズをつけていくこと」です!

より多くの光を取り込むことができるため、シャッタースピードに余裕ができブレの少ない写真を撮ることが出来ます。

「F値って何?」って方は以下の記事も読んでみましょう。

おわりに

普段乗り換えなどでなんとなく通り過ぎることの多い新宿。新宿駅の周りは光と人で溢れており、カメラを持って歩いてみるにはもってこいの街です。

夜間、特に休日は人が多く出歩く場所でもあるので撮影の際は周りの人に気を使うようにしましょうね。

番外編

私のお気に入りは、この歌舞伎町方面を望むことができる跨線橋です。

どこか分かったらシェアして下さいね。

もの

中野に暮らす24歳。珈琲やお酒を好み、よく旅行へでかけます。 主な撮影機材はSonyα7ii/RicohGRⅢ/NikonFM2など。

ものの書いた記事