馬籠宿|岐阜県中津川市

くじら

馬籠宿について

馬籠宿は江戸時代、日本橋から京都までを結ぶ中山道における43番目の宿場町として栄えた町でした。

明治時代になると宿場町が廃止され町は急速に廃れていきましたが、昭和30年代から文豪島崎藤村生誕の地として再び脚光を浴び始めます。
石畳が続く坂道とかつての趣を残す建物、食べ歩きグルメなど、昔の旅人気分で旅情に浸ってみませんか。

馬籠宿で撮れる写真や見どころ

石畳が続く坂道。両側の日本家屋も趣があって素敵です
坂を登りきったところでは、恵那山を正面に岐阜の山々を見渡せます
夏はアイスキャンデーやかき氷、冬はおやきなど食べ歩きグルメも満載!

馬籠宿へのアクセス方法

【公共交通機関】
JR中津川駅から北恵那交通バス馬籠線 約25分「馬籠」下車

【マイカー】
中央自動車道中津川ICより約20分。 国道19号松本・木曽方面へ「沖田」交差点を右折。県道7号を直進、案内看板を左折。

馬籠宿での撮影レポート

・・・随時更新します・・・

馬籠宿の情報まとめ

馬籠宿の情報まとめ
名前 馬籠宿
名前(ふりがな) まごめじゅく
住所 岐阜県中津川市馬籠
電話番号 0573-69-2336 (馬籠観光協会(馬籠宿観光案内所))
営業時間
定休日
料金
駐車場 あり
おすすめシーズン
公式HP http://www.kiso-magome.com/index.html
備考
くじら

こんにちは。 海のある暮らしに憧れる、岐阜県民です。 東海圏のいいところをたくさん発信していきますので、皆さんも一度遊びにきてくださいな。

くじらの書いた記事