万博記念公園・太陽の塔 | 大阪府吹田市

イイガミタケシ

万博記念公園について

 

万博記念公園は1970年に開催された日本万国博覧会の跡地を整備して出来た公園です。264ヘクタールという膨大な敷地面積を誇り、一日ですべて回りきるのが難しいほど。

中でも芸術家の岡本太郎が制作した太陽の塔が有名であり、想像よりも大きいその存在感に圧倒されます。

また、商業施設のエクスポシティが隣接していることから持ち物の現地調達が容易なため、ピクニック等に最適です。

万博記念公園で撮れる写真や見どころ

  • 季節の花が勢揃い
  • 風景を活かしたポートレート

夏にはひまわり、秋にはコスモスなど、万博記念公園には季節の花が勢揃いしています。

花の写真が好きな人や、花や自然を含めたポートレート撮影が好きな人にはうってつけです。

万博記念公園へのアクセス方法

大阪モノレール『万博記念公園駅』から徒歩5分程度で万博記念公園へと到着します。

買い出ししたいものがあるのであれば、園内に入る前にエキスポシティで購入することをおすすめします。

万博記念公園での撮影レポート

(随時更新します)

万博記念公園の情報まとめ

◯◯の情報まとめ
名前 万博記念公園
名前(ふりがな) ばんぱくきねんこうえん
住所 大阪府吹田市千里万博公園1-1
電話番号 0120-1970-89
営業時間 9時半から17時
定休日 水曜日(水曜日が祝日の場合木曜日が休み)
料金 250円(小中学生70円)
駐車場 有料(パーキングエリア5つ合計約4,500台)
おすすめシーズン 春、夏、秋
公式HP https://www.expo70-park.jp/
備考
イイガミタケシ

harenohiの運営者。平日は会社員として働く1991年生まれです。フィルムカメラがメインで、デジタルはFUJIFILMのカメラを愛用中。

イイガミタケシの書いた記事